TEL:03-5662-2777 FAX:03-5662-2950
  • 会社情報
  • コンクリート関連業務
  • 鉄筋関連業務
  • その他業務
  • 試験機関の位置付け
  • 料金表
  • 採用情報
建材試験を通じて未来をつなぐ

鉄筋関連業務

構造物の安全性・品質確保・信頼性向上ため、常に第三者として適正な試験検査方法で公正・正確な試験結果を提供します。

鉄筋継手は、鉄筋コンクリート構造物の耐久性に大きく関わるものです。
私達は鉄筋継手の品質について試験を行っています。

破壊試験

【鉄筋コンクリート用棒鋼の引張・伸び試験】(JIS Z 2241及びJIS Z 3120)

鉄筋の両端を引張り、塑性変形域または破断するまで応力を加え、供試体の機械的性質を確認する試験です。鉄筋継手の場合は、破断位置の確認も行います。
なお、機械的性質は、鉄筋の種類ごとに降伏点、引張強さ、伸び及び曲げ性についてJIS Z 3112で規定されています。

【鉄筋コンクリート用棒鋼の曲げ試験】(JIS Z 2248、JIS Z 3120及びJIS Z 3881)

JIS Z 2248では、素材試験として曲げ角度180°(SD490の 場合は90度)で 湾曲部 外側の裂けきず及びその他の欠陥の有無を肉眼で観察します。
JIS Z 3120では、圧接のふくらみの一部をカット(一面)し、「曲げ角度45° まで圧接面で折損しない」かどうかを確認します。
JIS Z 3881では、圧接のふくらみの全周をカット(鉄筋径の1.1倍 の直径に加 工)し、「曲げ角度90° まで圧接面で折損しない」かどうかを確認します。

非破壊試験

【超音波探傷検査・超音波測定検査】

超音波により鉄筋継手部の内部欠陥を探傷したり、
機械式継手の場合には鉄筋の挿入長さを測定します。

・ガス圧接継手(JIS Z 3062)
・溶接継手(JRJS 0005)
・機械式継手(JRJS 0003)

【外観検査】

鉄筋継手部を目視検査および専用ゲージを使用して外観検査項目の良否を判定します。

・ガス圧接継手(JIS Z 3120)
・溶接継手(JRJS 0005)
・機械式継手(JRJS 0003)

【熱間押抜ガス圧接法の外観試験】(JIS Z 3881)

ガス圧接完了後の赤熱状態のときに鉄筋径の1.2倍のせん断刃を駆動させて
ふくらみ部分を押し抜く圧接工法で、外観検査は目視及び測定によって行います。

【鉄筋探査・配筋調査】(電磁波レーダー法)

探査機で比較的浅い部分のコンクリート内部の鉄筋位置や本数、配筋間隔等を調べます。
対象物内の磁性体の有無、コンクリートの含水率等にも注意が必要となります。